Hotel Wedding No.46

『Hotel Wedding No.46』が7月7日に発売されました。

たくさんの季節の花々がグリーンに鮮やかさを添え、外の景色と一体となったラグジュアリーな世界観となったコーディネートをぜひご覧下さい。

また、おふたりを表現しながら作られた唯一無二の世界を創造した数々のブーケも特集されております。

是非、書店または電子書籍にてご一読くださいませ。

伶 「キミとならいいよ。」MV

6月9日にデジタルリリースされました
伶「キミとならいいよ。」

ミュージックビデオのグリーンデコレーションを吉野絵美がデザインさせていただきました。
6月24日より配信となります。

「この時代に、人の温もりを感じられる楽曲」

というテーマにリンクする、
夕日に照らされた木々と心地よい風が、チルアウトをイメージさせる装飾となっています。

YouTubeより是非ご覧下さい。

伶SNSアカウントInstagram@reina.washio.official

https://instagram.com/reina.washio.official?utm_medium=copy_link

Twitter@rei__official_ 

https://twitter.com/rei__official_?s=21

        

Director of Photography:

Hayato Sone(BABEL LABEL)


Camera Operator:

Ryo Takanezawa


First Assistant Photographers:

Kohei Sahara


Second Assistant Photographers:

Yuka Murata


Light:

Yuji Yamasaki


Greening Decoration:

Emi Yoshino(Massa&Artists)

Kazuhiro Oshiro(Massa&Artists)

Saki Takagawa(Massa&Artists)

Yuri Takemura(Massa&Artists)


Stylist:

Uchida Takaaki (A-T)


Hair Make Up:

Yukie Tsujimura


Nail designer:

Junko Kadota


Actor:

Harunobu Komazawa(STANFORD)


Special Appearance:

Kinako


Colorist:

Haruka Okutsu(imura office inc.)


Special Thanks:

i7BROCK PARTY inc.goodroom


Prop:

miyamotomanami


Prop Support:

Jan(Suppage)

Executive Producer:

Takayuki Morinaka(Styrism inc.)


Producer:

Shunsuke Shiraiwa(Styrism inc.)


Directer:

Akihide MISHIMA(Styrism inc.)

第一回 SUSTAINABLE WORKSHOPのご報告

6月16日に第一回「サステナブルワークショップ」を

開催させて頂きました。

まずは、今回ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

「ショップ」を持たない私たちは、

日頃、お花を入荷し、開花調整などのメンテナンスをして、

イベントや撮影・ウェディング当日に向けて

そのお花が一番良い状態になるようにしております。

満開に咲いた花はとても見応えがありますが、

満開を迎えたお花や傷付いてしまったお花を再度使用することは難しい為、

破棄される事が多くあります。

今回のWORKSHOPでは、

「花の美しさと再生」を実際に見て触って学んでもらえたら!と思い、

花弁が傷んでしまったバラや、

満開になったピオニー、

一部お花が萎れてしまったグラジオラスなどをご用意し、

まずは、そのお花に手を加えて頂く事からお伝えをしながら始まりました。

傷んだ花弁や一部のお花、葉を取ってあげることで

新たにお花の美しさを感じて頂けたのではないかな、と思いました。

そんな風に「手を加えて」、花をもう一度愛でることから

花弁が散っていく最後までお花をご鑑賞頂けないかと思い

このワークショップを企画、開催致しました。

私たちも初めての試みでしたが、

伝えることの大切さや難しさを感じ、私たち自身もとても良い時間だったと感じました。

今回は、「アレンジメント」の制作を体験頂きましたが、

今後はアレンジメントのみならず、花束や花瓶活けなど違ったスタイルも体験して頂けたら、と思っております。

今回ご参加頂いた皆さんの、楽しみながらお花と向き合っている様子を側で拝見し、

私たち自身もお花のエネルギーやパワーを再確認する事ができました。

今回の、このような弊社のSustainableな取り組みについて、

より多くの方へ広がることを願い、

#花を変化よう!という独自のハッシュタグを作りました。

読み方は「花をいけよう」。

これは、Massa&Artistsが掲げる4つの「いける」から名付けました。

【生ける】

【活ける】

【創造る】

【変化る】

Massa&Artistsでは、これら全てを「いける」と読み、

本来「変化る」は、形や素材を変化させて花をいけることを言います。

そして今回は、「新たな花の美しさの再生」を見つけて頂くWORKSHOPとして、

#花を変化よう!

と致しました。

そして、今後も少しずつではございますが、このような企画を予定しておりますので、


ご興味がある方は、今後のアナウンスをご確認くださいませ。

改めまして、ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

Massa&Artists

日本の結婚式 No.34

『日本の結婚式 No.34』が6月15日に発売されました。

特集「和婚入門」にアートディレクター、ワキリエさんのコーディネートとMUKUのチーフデザイナー吉野絵美のフラワーアレンジが掲載されています。日本の伝統的な器を使いながらもモダンさを感じさせる新しい和の形となるウェディング装花となっています。

また、Massaのインタビュー記事もございますので是非ご覧下さいませ。

「フローリスト6月号」

5月8日(土) 発売フローリスト6月号に林英明が掲載されています。

「希望の花展」-春 咲く桜-


Concept「再生」 -Regeneration-


本来なら廃棄してしまう廃材や花々、枝物を再利用した作品が掲載されました。
作品の中に会津木綿(あいずもめん)も使用しております。会津木綿は陸奥国会津郡(現在の福島県西部)に伝わる伝統工芸品にもなる反物で、素材協力を頂き使用いたしました。


是非、書店または電子書籍にてご一読くださいませ。

「希望の花展」 〜春 咲く 桜〜

コロナ禍で客足が途絶える中、老舗の浅草むぎとろをこよなく愛する方々が主催する「希望の花展」。参加アーティストが、期間にそれぞれの想いを表現。

場所

浅草むぎとろ本店


Access

地下鉄銀座線浅草駅

4番出口から徒歩3分

地下鉄浅草線浅草駅

A3出口から徒歩1分


展示期間

3月26日(金)〜3月31日(水)

Massa&Artists(林 英明)


時間

平日昼  11:00~16:00(LO15:00)

平日夜  17:00~22:30(LO21:00)

土・日  11:00~22:30(LO21:00)


Concept

「再生」-Regeneration-


会津木綿(あいずもめん)は、陸奥国会津郡(現在の福島県西部)に伝わる伝統工芸品にもなる反物を素材として使用。本来なら廃棄してしまう廃材や花々、枝物をRe desingした作品を展示しております。

作品の撮影に心良くご協力いただきましたのが、株式会社ユニゾンの小湊千明さん。撮影する際のパッション、姿に感銘をうけてオファーしました。


お時間がありましたら、ぜひ足を運んでご覧くださいませ。

ブライダルフラワー支援プロジェクト

【ブライダルフラワー支援協議会×Massa&Artists】

新型コロナウィルスにより、行き場を失った花たち

ウェディングを見送った花嫁たち

機会を失ったブライダル関係者たち

共に手を取り合いまたあのステージへ

FLOWER by MASSA&ARTISTS
PHOTO by KOICHI IMABAYASHI
FLOWER by MASSA&ARTISTS
PHOTO by KOICHI IMABAYASHI

今回「ブライダルフラワー支援協議会」と連携し、
大切に育てられた花々が
新型コロナウィルスの影響により大量に廃棄されている現状を
生花流通業界とブライダル業界を盛りあげるべく、

このプロジェクトの思いや制作過程を動画にまとめました。

Making movies by TIME COLORS

SNS等で皆さんにもっと身近にお花を感じて貰いたい!

ウェディングにおける花の魅力を存分にお届けして、

これから結婚式を挙げるカップルに元気を与えていきたい。

FLOWER by MASSA&ARTISTS
PHOTO by KOICHI IMABAYASHI
FLOWER by MASSA&ARTISTS
PHOTO by KOICHI IMABAYASHI

出口の見えないコロナ禍で苦しむ花農家さんや流通関係者、

ブライダル業界へ元気をお届けする起爆剤になればと思います。

FLOWER by MASSA&ARTISTS
PHOTO by KOICHI IMABAYASHI

ブライダル支援プロジェクト

主催

株式会社マサ&アーティスト

ブライダルフラワー支援協議会

協力

株式会社鉄道会館

株式会社グレイスニューズ

株式会社ユミカツラインターナショナル

菊池地域農協

株式会社STONEZZ

DANA BRIDAL株式会社

株式会社パナビア

Massa&Artists

医療従事者にエールを -想いをカタチにする-

社会福祉法人 康和会 久我山病院の皆様へ

第二回お花を届けさせていただきました。

皆様の笑顔がとても素敵です!

現在、入院患者数や重症者数も下降傾向ではありますが、

医療従事者の皆さんの精神的な負荷も大きな問題となっている事も

まだまだ見聞きし、心が痛みます。

常に緊張感・焦燥感を抱えながら診療に当たって下さっている

医療従事者の方々に、

花を通じて感謝をお伝えしたく、

久我山病院へご連絡をさせて頂きました。

昨今お花業界でもコロナ渦での大きな打撃を受けており、

お花のロスが多く出ているのが現状です。

昨年は残った花々を多く廃棄しておりましたが、

何か花々で皆さまにエールをお送りできないかと

微力ながら考え、この活動を始めております。

少しでも全国の皆さまの感謝の想いが届きますように!!

Massa&Artists

「TRÉSOR de MISIA(トレゾール・ドゥ・ミーシャ)」

MISIAとも親交のある「MASSA & ARTISTS」のフラワーアーティストMassa NakagawaさんとMISIAがコラボレーションしたオードトワレ(香水)の発売が決定いたしました!MISIA TRÉSORでは予約販売を開始いたします。

香水の名前は「TRÉSOR de MISIA(トレゾール・ドゥ・ミーシャ)」で、「MISIAの宝物」という意味。
コラボレーションは、MassaさんにMISIAをイメージしたアレンジメントを製作いただき、その作品のイメージから調香師さんに香りを起こしていただきました。
アレンジメント作品のテーマは「アフリカ」や「大地のパワー」。ひまわりやカラー、プロテア、ダリアなど原色の鮮やかさが印象的な作品を作っていただきました。
香りの監修はMISIAが積極的に行い、何種類もあるサンプルを1つ1つ、香りの時間経過による変化も含めて吟味してから決定しました。
 
■香りの説明
明るく生命力に満ちたグレープフルーツとカシスのフルーティな香り立ちから、イランイランとオレンジフラワーが陽光を感じさせるような暖かみを与え、ラストは拡散力のあるサンダルウッドとドライウッディノートの刺激が気分を高揚させ、更にアクセントとしてほのかなバニラが甘みにコクとボリュームを持たせています。
 
■商品詳細

  • 商品名:TRÉSOR de MISIA オードトワレ
  • 内容量:50ml
  • 販売価格:8,500円(税込)
     
    ■予約販売期間
    2021年2月21日(日)18:00~3月31日(水)23:59
    ※商品の発送は4月中旬を予定しております
     
    ■予約販売特典
    予約販売でご購入いただいた方には、香水瓶を入れて持ち歩ける「TRÉSOR de MISIAオリジナル巾着」をプレゼント!

※商品のデザイン等は写真と変更となる場合があります。予めご了承ください。

MISIA Online Store
“MISIA TRÉSOR”より